お通夜や告別式での服装の基本とは

今日は冠婚葬祭、特にお葬式の服装の、洋装の場合について書いてみましょう。最低限のマナーを守らないと、先方に失礼になりますので、気を付けておきたいものです。まず男性の服装ですが、告別式では基本ダークスーツに白のシャツ、黒のネクタイと靴下に黒の靴となります。靴は光沢のないものを選んでください。ただし、訃報を聞いてその足でお通夜に行く場合は、黒でなくグレー系のスーツでも許されますが、ネクタイや靴下、靴は黒いものを着けてください。次に女性の場合、告別式、お通夜とも黒のスーツ、ワンピースなどで、当然ですが派手なメイクやアクセサリーは避けてください。香水も控えめに、靴は男性同様、光沢のないものを選びます。季節が真夏であっても、肌は露出しないように心掛けてください。お子様の場合は、学校に通っていて制服がある場合は制服を、そうでない場合は地味な服装で、この時も光沢のある靴は避けます。特に女性の喪服の場合、春、夏、秋のスリーシーズン対応というのもありますので、冬場のお通夜、告別式には、冬物の地味な服装でも構いません。また、ブーツなどをはくのはマナー違反といわれますが、厳寒時や天候の悪い時には、急な場合にはやむを得ない時もあります。あくまでもケースバイケースで考えてください。

梅田の個室ヘルス

大阪 風俗 人妻

ハプバー

人気の裏DVDランキングをご紹介しちゃいまーす♪